音楽

2009.05.12

ザ・タイマーズ  ビンジョー

Aoyamarocknrollshow
連休の前半、フォーク時代のRCを妻と一緒に聞いていた。後半、忌野清志郎がなくなったことを知って、自宅にある彼にまつわるCDを、たて続けに聞いた。ザ・タイマーズはオリジナルのCDを売ってしまったかもしれない。CDがみつからなかったが、テープが残っていた。テープを再生し、デジタル化した。10曲目のメドレーの最後「ビンジョー」に口琴がたくさん使われているのを妻が発見。20年前に聴いてたときは、口琴の存在を知らなかったので、音を聴いても気がつかなかった。タイマーズではだれが口琴を演奏しているのだろう。


| | Comments (0)

2009.02.28

アニマル・コレクティブのCDジャケット

Merriweatherpostpavilionアニマル・コレクティブというバンド。CDのジャケットが錯視。アマゾンで検索してください。そうするとジャケット画像を拡大できるから、ぜひ大きな画面で見てください。ウニョウニョします。


| | Comments (0)

2009.02.06

Rubber Band

少年ナイフのHeavy Songsという2002年リリースCDの4曲目 Rubber Band に 口琴が入っているらしい。
オフィシャルサイトのメンバーブログ、2009年2月1日 Naokoさんの書き込みに書いています。

| | Comments (0)

2009.01.23

SALA 2002 「なぜなぜ☆質感篇」

Th00239_01_ハードディスクが壊れた。というか、Windowsシステムが壊れた。一旦は復旧したものの再度破壊。光の届かない深海へ沈降していった。ような感じ。HDDを購入し、ハードディスクを交換。システムの再インストール、古いデータの移動などに時間を費やした。幸い、古いデータ、トータルで200GB程度は(たぶん)問題なく救済できた。1年に一度は、このような作業をしているような気がする。

忘れ去られていた音楽や画像の作業フォルダに「cm1.wav」といった音ファイルが多数見つかった。何の音だろう。まったく記憶にない。再生してみる。口琴の音が入ったTVCMの音楽だ! すごくたくさんの口琴音が入っている。 2002年に某サイトで見つけた音だ。画像は無い。

当時、このコマーシャルを見た記憶が無い。webを検索した。口琴協会の旧掲示板に自分が書き込んだ文章がヒットして出てきた。しかも、なぜか誰かがそれを引用したブログだ。思い出した。歌は森若香織。先日、スマップの番組でほんの数分再結成したゴーバンズのボーカル。今はソロで活動している。恥ずかしながらファンだ* ´З`)σ

当時にデータを探した元のページは、現在消えている。うれしいことにgoogleのキャッシュにかすかな形跡が残っていた。

| | Comments (0)

2008.11.22

少年ナイフと口琴

この11月に少年ナイフが新譜をだしたらしい。雑誌COOKIE SCENE のwebサイトにある、その月のお勧めアーティストに載っていた。曲も聴ける。以前はRadio Cookiesceneというタイトルで付録CDがありオルタナの曲を中心に楽しむことができたが、数ヶ月前から付録が廃止されて、webサイトでのflashを使ったストリーミングに変わった。

つい2,3日前に最新号のお勧めをwebで試聴した。その中に少年ナイフ。なんか、懐かしい感じ。ジャパニーズイングリッシュな声が頭から離れないでいたら、このブログの足あとのリンク元に少年ナイフのオフィシャルサイトがあった。少年ナイフに口琴のようなものログのリンクがあるの? 真相は不明だが、オフィシャルサイト内で「口琴」を検索したら、ひとつの日記がヒット。今年の夏に北海道に行き、Naokoさん、ムックリのびよ~んにハマったらしい。

しかし、リンクがあるかもしれない少年ナイフのオフィシャルサイトから飛んできた先は、pm3をaacに変換する方法を書いたログ。もともとは備忘録として書いたもので、興味のある人の参考にと思った記事だけど、見てくれる人は多いらしい。

音楽ファイル変換に関しては、その後、動画ファイルを整理するためのツールを調べたところ、Media coderというソフトが便利。本来は動画形式の変換だが、使い方は敷居が高いけれど、詳細に設定できる。気が向いたら、自分の使い方をアップします。

| | Comments (0)

2008.10.30

ストレインジ・オーバートーンズ

3D-Logoデヴィッド・バーンとブライアン・イーノのCDが出る。オフィシャルサイトでは全曲ストリーミングされている。すぐに320kbpsのpm3をダウンロードできる。FLACなんていうロスレスのフォーマットでもダウンロードできるらしい。

先日、ラジオで偶然にその中の1曲「strange overtones」を聴いた。つたないリスニング力で歌詞を聴いてみると、サビの部分が strage overtones in the music you are playing ....のように聞こえた。その前には、君が夜通し歌っていた(singing)のような歌詞があったので、playingってことは、歌ではなく、overtonesが聞こえるような何かの楽器を演奏してるってことだ。と思った。 それはどんな楽器? 口琴? まぁ、違うだろうけど。  ディジュかな。 とんでもない聞き間違いかもしれないし。


11月19日にCDが発売されるらしい。購入して歌詞カードを見ることにしよう。

| | Comments (0)