« 近所で発見 | Main | SALA 2002 「なぜなぜ☆質感篇」 »

2009.01.13

カセットテープの古い資産を

Uxz2s_mtop我が家には、再生装置が無くなってからずいぶん経ったカセットテープが段ボール箱に4つほどある。500本くらいはあるかもしれない。私も妻も、30年くらい前の子供の頃からのエアチェックテープ(死語)が、たくさんあるのだ。ラジオ番組以外にも、友人から借りたレコードの録音、貸しレコード屋(^^;)の録音、はたまたカセットテープで販売されていたインディーものや、いろいろな手段で入手したいけない録音テープなどなど、そして自分で購入したレコードも普段はカセットで聞いていたため本数が膨れ上がった。

数年前にカセットデッキが壊れた。壊れた頃すでにメディアは電子ファイルになっていたのでデッキを購入する気持ちはなかったが、ここにきて、昔のカセットを聞きたくなった。というか、カセットを電子メディアに写して、希少なもの以外は破棄しようという話になった。簡単に変換できる装置をずっと探していた。できるなら、きちんとしたHDD内蔵オーディオ装置とカセットデッキを購入したいが、先立つものが無い。ビクターからお値ごろでバカチョン式でカセットをMP3に、しかも差し込んだUSBへ保管できるミニコンポが出た。性能は決して高くない。MP3は最高でも192kbpsまで。でも、安くて簡単。FMラジオのMP3でのタイマー録音もできる。年末に購入した。

大掃除をしながら妻と二人でお互いの大昔のテープを少しずつ変換し始めた。

しかし。しかし、それでも結構たいへんである。片面もしくは両面をMP3化したものをPCへコピーする。これだとどんな曲が入っているのかわからない。結局ラジオ番組の流し取り以外は、一度MP3化したものをwavへデコード。波形編集ソフトで1曲ずつ分割。その後再度MP3へエンコード。最後にタグ情報を記入。1日1本としても2年くらいは掛かるかもしれない。 まぁ、新しい口琴挿入曲を探すことを楽しみにして、昔の曲を聴きなおしている。クレージーキャッツのテープがあった。知ってはいるが、口琴が流れてくるとニヤニヤしてしまう。

|

« 近所で発見 | Main | SALA 2002 「なぜなぜ☆質感篇」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 近所で発見 | Main | SALA 2002 「なぜなぜ☆質感篇」 »