« 広辞苑のムックリ | Main | WiiMusicに口琴が »

2008.11.11

webster's 1913

Websters1913電子辞書づいてるついでに、パブリックドメインの辞書でも調べてみた。すでに手元にインストールしてあったのは WordNet2.0 と Webster's 1913 の二つの英英辞書。前者は現在でも活動が続いているプロジェクトの成果のようだ。後者は1913年版のWebster's の辞書らしい。95年前の辞書。

今回はWebster'sに絵が載っていた。握る部分が三角になっていってゾルタンの「スタンダード」に似ている。

辞書の表現も比べると面白い。websterでは「息で音を変化させる」とあるが、WordNetでは「口腔の形を変化させて演奏する」のように書かれている。100年前は、息を変化させる演奏が主だっということなのだろう。Webster's って アメリカ?

ところで、現在のオンラインWebster's辞書に行ってJew's harpを調べた。説明文書は100年前より短いけれど、イラストが進化している。興味ある人は調べてみて。

|

« 広辞苑のムックリ | Main | WiiMusicに口琴が »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 広辞苑のムックリ | Main | WiiMusicに口琴が »