« 3D-CADで口琴を描いてみたい | Main | α on δ »

2008.07.22

バイノーラルビート

Alpha両耳性うなり。

周波数の近い二つの音を発生させると、周波数の差が新しい周波数になって音がうねる。初歩の物理。図は400Hzと411.1Hzとの正弦波を0.2秒間重ね合わせたもの。波形がうねる様子がわかる。

ヘッドフォンで左右独立に左から400Hz、右から411.1Hzの正弦波を出すと、脳は頭の中で音を合成し脳の中にうねりを作り出す。

脳波にはいくつかの周波数帯があり、いわゆるリラックスのアルファ波は10Hz前後らしい。周囲からその周波数の刺激が与えられると、脳は同期しようとするらしい。

上記のような左右400Hzと411.1Hzとから合成した音ファイルを作ると、アルファ波を誘導する脳内うねりが発生するのだろうか。

というわけで、音ファイル作りました。mp3ですが、固定ビットレート(低ビットレート)で左右固定のステレオデータです。エンコード、デコードの関係で希望する現象が起きているかどうかはわかりません。3分あります。3分すべて聞くと、ぼーっとするような気がします。単に耳鳴りがするだけかは不明。

ファイルはここ

なお、これは雑誌「Make」日本語版Vol.3の紹介記事を読み思いつきました。

|

« 3D-CADで口琴を描いてみたい | Main | α on δ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 3D-CADで口琴を描いてみたい | Main | α on δ »