« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

2008.03.15

口琴グラス

Koukinglassガラス工房の体験教室で、サンドブラストにチャレンジ。小さなグラスに口琴の図柄を作った。曲面に真直ぐな線を描くのは難しかった。隙間がひろい、線が歪んでいるなどなど、口琴らしくない部分も多いが、まぁ、満足。世界にひとつの口琴グラス完成。 口琴二つと、なぜか蛙が二匹、描かれている。

| | Comments (0)

2008.03.10

実際のクエン酸処理

Ca01Ca02Ca03Ca04正月休みに、熱処理後の黒さび皮膜を剥がすためのクエン酸処理を書いた。今回、口琴枠を2本作ったので、その際に、クエン酸処理の実際を写した。写真に番号を付けてないが、ファイル名CA01.JPGからCA04.JPGの順番。

CA01:枠を曲げるときにはガスコンロであぶっている。その際に表面には黒い酸化皮膜ができる。

CA02:発泡スチロールトレイに、サンプルを置き、クエン酸をスプーン1杯程度ふりかけ、熱湯を注ぐ。すると、皮膜部分から気泡が発生し、皮膜の薄い部分から剥がれ始める。まっすぐな部分は直火に触れていないため、皮膜が薄い。また、曲げてないので表面の平滑さが保たれている。そのため剥がれ易いのだろう。気泡もたくさん発生している。

CA03:5分くらい放置すると。剥がれる部分は自然に剥がれている。そのほかの部分も爪楊枝みたいなもので軽くこすると、簡単に皮膜は剥離。お湯の中に剥離した皮膜のカスがたくさん見える。

CA04:最後は、水で洗い流し、乾燥。ペーパーで仕上げなくても、一部分はピカピカ。アルミのようにややくすんでいるが、この状態で1000番かハンドルータで仕上げると、簡単にピカピカにすることができる。

| | Comments (0)

2008.03.06

ドレミくん

Doremikunピッカピカのいちねんせい。小学館の小学一年生4月号はつばい中。今ならTVコマーシャルしています。リンク先でも閲覧可能。この付録は「ドラえもん どこでも ゆびピアノ ドレミくん」。欲しい。これに口琴音を入れるのだ。「どこでも ゆびピアノ口琴 びよびよくん」意味不明。あったらいいな。口琴音が鳴らなくてもいいから、欲しい。明日、買いに行こう。

そういえば、このCM、カエルが跳ねるところに、口琴音が使われています。

| | Comments (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »