« 口琴の見極め方法 | Main | 3D koukin »

2007.11.05

口琴VRML

Koukinvrml一時は注目されていたweb上での3D画像の表示にVRMLという方法がありました。現在はあまり姿を見かけなくなったものの、3Dの物体を表示する共通フォーマットとして一部で使われているようです。WindowsやMacintosh、linuxでも各種ブラウザのプラグイン、アドインで表示するためのプログラムは入手できるはず。

口琴の3D画像をVRMLで作りました。ファイルは「koukin.WRL」です。興味あるひとはダウンロードして、必要なアドインを探してみてください。windows環境ならSIM社のビューアープログラムであるVRMLviewがおすすめ。フリーです。この書き込みの画像はこのビューアーを使ったもの。ぐるぐる回せます。マウスを弾くようにすると自動でぐるぐる回りつづけます。

口琴のデータは弁をつける部分がノルウェー風になってしまっているとか、弁が少し細めとか、押さえる部分の円が荒いとか、改良点はたくさんあります。まぁぐるぐる回るのでよしとしましょう。directX用のデータやdxfとしても作ることができました。そのうち違う環境でも再生できるようにします。googleで3Dデータを登録するところがったような気がしますが、今もあるのかなぁ。


|

« 口琴の見極め方法 | Main | 3D koukin »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 口琴の見極め方法 | Main | 3D koukin »