« 口琴錯視3 | Main | じーもくん »

2007.10.09

夫婦口琴2 ?

Meoto2この写真、扉の写真とは違う。最近作った二つの口琴。まだ磨いてない。大きさも扉のものよりふた周りくらい大きい。全長約7セント。今回の二つ、似ているようで全く違う。奥のほうが少し弁が長い。長いだけでなく、厚さが厚い。厚いだけでなく、厚さに変化をつけている。ホムスの弁を倣って中心部分を0.2mmほど薄くしている。こうすると、余韻が長い。低音で重厚。といっても自分で作るものとしては低音なので、一般的な口琴のピッチと同じくらいかも。他方の手前の口琴。これはここ数年の集大成的なもの。音は高音、頭が痛くなるくらい高い倍音を強調できる。インド方面のものとは違い、軽く弾いて美しい音になると思う。力強く弾いても大きな音が出せる。

両者の音の違いをPCで録音し、可視化を試みたけれど、うまく録音できず。マイクとPCの設定がうまくいかない。弁の厚いほうは試行錯誤中。ものによってはホムスの重厚な音色に近くなったものもあるが、偶然。再現できない。弁の厚さを変化させて作ることは非常に難しい。奥が深い。

|

« 口琴錯視3 | Main | じーもくん »

Comments

ここ最近、時間を見つけては作っていた黒檀枠口琴が、ようやく音が出せるとこまでできました。音は僕の作るのもでは高音。音量もあります。ただ納得のいく余韻の長さが得られていません。僕も弁の中央部を薄めにしてるつもりなのですが、まだ足りないのかも。弁のバランスは奥が深いです。

Posted by: トウミヤ | 2007.10.10 at 12:42 PM

口琴作りには試行錯誤が必要だと思ってます。一発でうまくできることは少ないですよね。そこそこのものはできるのだけど、もう少しよくできるはずだ、と。これだから止められないのですけどね。

Posted by: りうじ | 2007.10.11 at 01:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 口琴錯視3 | Main | じーもくん »