« じーもくん | Main | よきことをきく »

2007.10.16

さかな

Sakana口琴協会からキルギスのテミルコムズを購入した。楽器の質はよいとはいえないものだが、ケースが気になった。妻のリクエストで我が家で購入となった。口琴協会のびやぼん屋には横からケースを撮影した写真があった。実物を見て、「目」が気になった。魚の目は、丸いはずだ。しかし、しかし、この魚の目は切れ長だ。キルギスに魚はいるのか。海は無くとも川魚は居るだろう。しかし、しかしなぜ、モチーフが魚なのだ。エラはあるけど、ヒレが無い。うろこが上半分にしかない。背中が平らだ。見るほどに、この魚ケースに惹かれてしまう。昨日からPCモニタの上に置き、まじまじと時を忘れて眺めている。

|

« じーもくん | Main | よきことをきく »

Comments

びやぼん屋の写真では「あー、魚だねー」ぐらいでとくに気にはならなかったのですが、この正面写真見ると「これ魚?」って思っちゃいますね。実は僕も随分まえから魚をモチーフにしたケースを考えてはいるのですが、まだ作る機会がなくて。日本だし広島だから鯉(カープ)みたいな感じなのを。作りたいものがいろいろあって、でも時間がなくて、とほほ…

Posted by: トウミヤ | 2007.10.16 at 12:53 PM

鯉というと単純に鯉のぼりを連想します。布で作ると「子供の日」向けのお菓子みたいになりそう。大きいのから小さいのまで4つくらい並べるといいかも。動物のケースは様々な種類がありますが、昆虫や両生類もグッときそうですね。

Posted by: りうじ | 2007.10.17 at 01:20 AM

昆虫で作るなら、ノルウェーみたいに組木で作りたいです。でもそれが出来るのなら苦労ないんですけどね。

Posted by: トウミヤ | 2007.10.18 at 12:29 PM

組木というと、自宅からそう遠くない箱根の組木細工を連想します。箱根の組木からくり箱だったら、口琴を取り出せなくなったりして(笑)。箱根といえば寄木模様好きす。寄木を使ったケースもグッドな感じです。

Posted by: りうじ | 2007.10.19 at 11:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« じーもくん | Main | よきことをきく »