« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007

2007.08.26

なんとなく似ている

Dscf0961_2なんとなく口琴のように見えなくも無い。きびしいか? トルコ国立考古学博物館にて。

| | Comments (0)

2007.08.23

口琴製作のための道具指南(1)ヤスリ

Yasuri以前に自分の口琴製作に必須の道具であるペンチを紹介した。これまで、釘や割ピンからの口琴製作について示してきた。しかし実際に製作するとなると、どのような道具、工具をそろえるべきかわからない人もいるはず。そこで、折をみて"趣味の口琴製作"に使っている道具を紹介しようと思う。

今回はヤスリ。写真にあるヤスリを使い分けている。まずは平ヤスリ。私は枠と弁とがすれ違う部分の加工にヤスリを使っている。鍛冶屋さんは、金槌と鉄床(かなとこ)で枠のエッジ部分を作り出すらしい。しかし、そのような大掛かりな工程を導入できないので、エッジ加工にヤスリを使う。平ヤスリは長さ250mmの"荒目"で荒削り(写真左端)。釘の両端を四角く加工する際に使う。大まかな形状が出来たところで小さな"油目"で平滑に仕上げる(写真左から3つ目)。これらの平ヤスリは良いものを選ぶべき。安価なヤスリは直ぐに目がつぶれて使えなくなるからだ。使い終わったヤスリは金属粉を取り除き、キレイに掃除して袋に入れ保管。これで長持ちする。

続いて目立てヤスリ(写真右上の二つ)。目立ヤスリは本来、ノコギリの歯というか目を鋭く研ぐためのものらしい。理科の時間にガラス加工するときにガラス棒へ傷をつけるために使ったことがある人もいるはず。このヤスリは細かくシャープに、特に直線的な加工に適している。このヤスリは、弁の加工に使う。弁にはノコギリのブレードや焼き入りリボンのような鋼を用いるが、弁の形状仕上げに、目立てヤスリは無くてはならない。特に、弁の両サイドのエッジ加工・面取り(というか台形加工)。さらに、弁を切り出すときや折るときには、鋼の表面に目立てヤスリで線状の傷をつけて、ポキッと折る。

次は、小さな棒ヤスリ(写真右下のオレンジと青の柄、ビニールに入っているセット)。棒ヤスリで特に必要なものは断面が三角のもの。このヤスリは枠に弁を固定するための溝(ホゾ穴のような部分)の加工に使う。弁の断面を台形状にするため、対応する枠の溝部分は Z____ 状に削る。三角のほかの形の棒ヤスリもそろえておくと便利なことがある。必須なのは三角。写真でゴムの柄がついているものは100円ショップのダイヤモンドヤスリ。これで十分。

この3種類のヤスリが私の口琴製作では活躍する。そのほかに、表面の仕上げに必要なヤスリがある。紙やすりは耐水ペーパーで400番と800番があれば、良いと思う。つるつるにするにはさらに1000番や2000番があっても良い。私の場合、大まかな表面仕上げのあとは、ハンドルータを使い。気に入った口琴ができたときには、研磨剤入りシリコンゴムやバフでピカピカに仕上げている。ハンドルータはあれば便利だが、なくても支障は無い。

| | Comments (4)

2007.08.15

扉の向こうに

Door暑い夏の夜。妻とドライブ。ふと立ち寄った観光名所、隣接している高級マンション。垣間見る優美な光。あぁ、この扉の向こうには、どんな世界が広がっているのか。

| | Comments (0)

2007.08.10

sin波で口琴音に挑戦

fig/biyo_fft0 上の画像は、以前に口琴音の周波数解析画面。これを参考に、正弦波で合成口琴音のようなものは作れないか。構想はもう何年も前からあるのだけれど、なんとなく思い立ってチャレンジしてみた。まずはどのような構成になっているか。基となる周波数は下のほうにある細い線、500Hzとしよう。その倍1000Hzにも細い線がある。一番目立つ波うちは、2000Hz付近を中心とするビブラート。5000Hz付近にもビブラートが見える。

方針。まずは三つのsin波で。ベースとなるものは単純なsin波。1000Hzにしよう。大きなビブラートは2000Hzのsin波の周波数を時間で揺らず。揺らし方は5Hzくらいにしてみようか。高い周波数のものはさらにその倍の4000Hzを中心にする。
(1) sin(2π*1000* t)
(2) sin(2π*2000* t + 50*sin(2π*5*t) ) * exp(-3*t)
(3) sin(2π*4000* t + 50*sin(2π*5*t) ) * exp(-6*t)
それぞれに重み付けして足し算。さらにそれをexpで減衰させる。

( 0.2*sin(6*1000*t)+ 0.4*sin(6*2000*t + 6*20*sin(30*t) *exp(-3*t) ) + 0.3*sin( 6*4000*t + 6*30*sin(30*t) *exp(-6*t) ) )*exp(-2*t)

よく見るとおかしいけど。ま、ためし。出来上がった音は、二つ目の画面。似ていると言えば似てるかもしれないし、でも似ていないな。
Syn_koukin001やっぱり似ていないなぁ。出来た音


| | Comments (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »