« humus | Main | Two Handled Goblets »

2007.06.16

和風ケース

Koukincase口琴を自作して、悩むのはケース。そんな時、頭にあるキーワードは「和風」。日本的なものは出来ないだろうかと、よく思い巡らす。口琴が納まるように木を削り、はめ込むまでは良いが、そのあと、どうするか困る。回転できるように一箇所だけ固定した板を蓋にするのが多い気がする。あるいは、革紐で結ぶようなもの。それは機能的だけれど、和のテイストとは違う。できるなら漆のケースを作りたい。しかし障壁が高く手が出ない。

今回、和模様をモチーフに、マッチ箱のようなケースを作ってみた。内部は木。選んだのは、地模様に花唐七宝、それに丁字などをあわせてみた。丁字はクローブ。実は釘に関係している。釘で作った口琴のケースに丁字を合わせるのも洒落ていると、ニヤニヤする。素材は和紙。グッドな感じだ。

|

« humus | Main | Two Handled Goblets »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« humus | Main | Two Handled Goblets »