« 腹部突上げ法 | Main | ちびまるこちゃんで口琴音楽 »

2007.04.23

エアチェック(死語?)

5年程前からFM放送をエアチェックしている。大昔はカセットテープ、数年前からはPCのHDDへ録音。PCはコストパフォーマンス優先自作PCのためタイマー機能のようは洒落たものは無く、手作業で録音。wav形式で保存し、後からパーソナリティーの喋りと音楽とに分割し、その後mp3へエンコード。PCで再生したり、携帯プレーヤーに転送して楽しむ。もちろん気に入ったものはCDを購入。ダウンロードは品質が悪いことが多いので購入する気になれない。

ところで、手作業のPC録音は旅行等で不在のときに困る。これまではPC電源、オーディオチューナー電源を入れっぱなしにして、マウスの動きを保存し指定時間に再生してくれるツール「UWSC」を使って擬似タイマー録音。数回に1回はどこかの部分で設定失敗し録音できないことがあった。何か良い方法は無いものかと。以前はONKYOでHDD付PC対応製品があったけれど、売れなかったのか今はラインナップにない。最近発売のオーディオPCは高価。エアチェックできるラジオがあるけれど、オリンパス製はビットレートは128kbps。サン電子の携帯タイプは256kbpsまで可能でも音質に不安あるし。

本日、一昨年に購入していたTV録画用ハードディスクDVDレコーダー(東芝製ネットワーク対応型)を使ってFMのタイマー録音にトライ。画質モードをビットレート最低に、音質をリニアPCM設定として、外部入力端子にFMチューナー(我が家のものはボリウム式の25年もの)を接続。画像端子は未接続。試しに10分間ほどタイマー録画(録音?)。録音はOK。次にPC側でフリーウエアの「VirtualRD」を設定して、ネット経由でPCへ転送。FMが録音されたmpgファイルをPC上で再生できた。

問題はこれから。mpgファイルから音声部分を抽出してwavファイルに変換する。dvd2avi、windows media encorder、aviutlなどなど色々なツールでトライしたけれど、wavとして抽出できるものの画像データ変換が目的のツールでは変換時間がかかりすぎ。「ぷっちでここ」というフリーのツールを入手して設定後トライ。OK。ついでにサンプリング周波数も48kHzから44.1kHzにその場で変換できる。番組を喋りと音楽に分割するアプリは10年前のCDライティングソフト付属の波形編集ツールのため(WinCDRの波形編集ソフトは波形分割に最適。これ以上の分割ソフトにはめぐりあってない)、44.1kHzしか対応していない。

ということで、TV用ハードディスクDVDレコーダーの外部入力にFMチューナーを繋いで、タイマー録音(数十~数百時間録音できてしまう)。ネットワーク転送は時間がかかるから、HDD録音のあとにDVD-Rに複写してPCへ移動するか、DVD-Rに直接焼いてもいいかもしれない(DVDに焼いてPCへ移動するならDVD Decrypterで直接wav抽出できるかも)。で、PCへ持ち込み、「ぷっちでここ」でwav抽出。WinCDRで波形分割。lameをsend toに登録しているバッチファイル

rem -- lameStd.bat --
ECHO OFF
:START
IF %1=="" GOTO END
c:\programs\lame\lame.exe -S --preset standard %1 "%~dpn1".mp3
SHIFT
GOTO START
:END

に、右クリックで選択したwavファイルを送り込みpm3へ。pm3化したあとはSuperTagEditorで曲名を入力。その後WinAMPのplay listへ登録。そして最後にWinAMPからiPodのハードディスクへ転送。DVDレコーダーを使うから、これまでのようにPC電源を入れっぱなしにしなくて良いし、1週間以上の長期旅行にも対応できる。めでたし、めでたし。

以上備忘録。

|

« 腹部突上げ法 | Main | ちびまるこちゃんで口琴音楽 »

Comments

よく考えるとFM放送は16kHz程度が周波数の上限だから、リニアPCMにしなくても192kbps程度で十分かも。レコーダーの設定はデフォルト192、高音質256kbps。ま、256kbpsで録音~wav変換~でmp3で十分でしょうね。実際にエアチェックして感触をつかむのがベター。それから、引用バッチファイルはc:\~は下行の~.mp3までが1行。

Posted by: りうじ | 2007.04.23 at 08:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 腹部突上げ法 | Main | ちびまるこちゃんで口琴音楽 »