« ソースは汚いけれど | Main | ガラスの口琴 »

2007.02.15

パラメータ化

Pov-ray で口琴CGを描いています。例題にホムスで作製。カタチを単純化して2本の棒とリング、および弁の構成として、形状を決定する部分を変数にしました。ソールファイルの変数への代入値を変更するだけで、カタチの異なる口琴を描くことができます。ただし、弁のエッジを付けていないとか、細かな部分は未着手。上からマンダーロフ風、チェクチョーエフ風(枠の細かな処理は現物とは異なる)、架空の口琴。そして、CGだからテクスチャーも自由に変えられます。着せ替え人形のような口琴。
Photo_2Photo_3

Photo_4Photo_557

|

« ソースは汚いけれど | Main | ガラスの口琴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ソースは汚いけれど | Main | ガラスの口琴 »