« 期間限定公開 | Main | パラメータ解説(1) »

2007.02.28

スクリプト公開します

POV-Ray用のスクリプトを登録しました。自分でも口琴CGを描きたい人は使ってみてください。スクリプト内部のパラメータを変更すると口琴の大きさを変えることができます。詳細は後日、じっくり解説します。
とりあえず使ってみたい人は、POV-Rayを適当な場所から入手してください(リンク先などは書きません、自力で探して)。インストール後、ここに登録した"koukin.pov"を読み込み、RUNボタン、Alt+G、などで書いてみてください。スクリプトの23行目辺りからが下段の引用部分です。axは枠先端(1本)の横幅(単位はmmで考えてください)の半分の値、ayはその高さの半分、by,bxは持つところ(リンク状)との接合部の横幅と高さ、lzは枠の弁と寄り添う部分の長さ。テクスチャーも下の引用部分の最後の部分を予め組み込まれているテクスチャーの変更すると材質を簡単に変更できます。今日の画像は「 lz = 30.0 ; w_b = 6.0; or_ring = 42/2; ir_ring = 30/2; 」として描いたものです。今日はココまで。

もし描画した画像を使うことがあったらこれを使った旨記載してくださいね、よろしく。おかしなまたは美しい形状を描けたら見せてもらえるとうれしいです。

// ------- dimension of KOUKIN ------------------

#declare ax = 4.0/2 ;
#declare ay = 3.0/2 ;
#declare bx = 6.0/2 ;
#declare by = 4.5/2 ;
#declare lz = 65.0 ; //ROD length (axis)
#declare lzz = sqrt(lz*lz+(bx-ax)*(bx-ax)) ; // side length of the rod

#declare w_a = 2.0; //distance between apex(at a) of the rod
#declare w_b = 4.5; //distance between root(at b) of the rod
#declare slit = 0.08 ; //distance btw the rod and reed

#declare or_ring = 38/2; // =(outer diameter)/2
#declare ir_ring = 25/2; // =(inner diameter)/2
#declare thick_reed = 0.6;

// prameters for reed
#declare r1 = 2.0; //radius at bending point
#declare r2 = 1.5;
#declare w = w_a/2-slit; //half width at bending point
#declare w2 = 1.4/2; //half width at apex ring
#declare hi_reed = 20;
#declare edge_angle = 30 ;

// texture
#declare TEX_FRAME = T_Gold_2C;
//#declare TEX_FRAME = T_Stone16;
#declare TEX_REED = Silver3;

Koukin_1

ソースはこちら「koukin.pov」をダウンロード


|

« 期間限定公開 | Main | パラメータ解説(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 期間限定公開 | Main | パラメータ解説(1) »