« ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン | Main | 弓うなり »

2007.01.21

割ピン口琴の作り方(6)

Waripin_8できあがり写真です。これはいつも持ち歩いているものです。こうして写真のアップを見ると傷だらけ。音はよいです。もし質問があれば聞いてください。これらを参考に自作した方が居ましたら、連絡いただけるとうれしいです。2,3人くらいは興味持ってくれるといいな。

|

« ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン | Main | 弓うなり »

Comments

本日、弁の取り付けまで行きましたが、叩き方が悪かったようで枠がひどく歪んでしまいました。それまではそこそこ順調だったのですが。弁は生きてますので次回に使います。
りうじさんの割ピン口琴はさすがですね。ここまでに至るのにはやはり幾度かの経験が必要だということが作ってみてわかりました。
成功したときは、またお知らせしますね。
それと、このブログのことを私のブログで紹介してもいいでしょうか?

Posted by: トウミヤ | 2007.01.21 at 11:54 PM

製作トライ、お疲れ様でした。試して頂いていてとてもうれしいです。でも残念でしたねぇ。。弁の取り付けで失敗でしたか。。弁の取り付け部分が説明不足だったかもしれません。弁固定用のミゾは、弁を固定したい位置の弁の幅に比べて僅かに狭く削ります。そして、作り方(6)の写真手前から向こう側に、弁をスライドさせ、弁を金槌で釘を打ち付けるように、狭い溝を弁で広げるような感じで、仮固定します。この段階でほとんど固定されています。タガネでかしめる時も、枠を針金で2,3回巻いて広がらないようにしておきます。あまり力を掛けないように左右少しずつ打っていきます。次回の成功を祈ってます。私もこの写真のようなものにたどり着くまでは何本も失敗しています。音も少しずつよくなって現在にいたっています。
ブログの紹介、もちろんOKです。


Posted by: りうじ | 2007.01.22 at 12:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン | Main | 弓うなり »