« ハッピーゴマちゃん | Main | 3次元流体解析 »

2006.09.17

ペンチ

Photo_1趣味の口琴製作には、そろえるべき工具が幾つかある。例えば万力、鉄床、金槌、ヤスリ各種などだが工具の種類はそれほど多くない。しかし、その中でも、このペンチは必須。写真は100円ショップのペンチを加工したもの。先端のはさむ部分のキザキザをけずる。これは口琴の枠素材をはさむ時に傷つけない配慮。それに加え、V字溝をつける。100円ショップのペンチなら素材がやわらかいのでペンチを削ることも可能。V字溝は枠を加工する時にしっかりと固定するために便利。これらのことは口琴製作者の目次氏に教示いただいた。

|

« ハッピーゴマちゃん | Main | 3次元流体解析 »

Comments

なるほど勉強になります。
この前の作業でキズを防ごうとティッシュを噛ませてやってたんですが、ティッシュが邪魔で細部が見えないし、ずれたりちぎれたりとうっとうしくなったので、結局直接作業。仕上げにペーパーかけるものの深い傷はやっぱり残りますから。
こんどは真似してみます。

Posted by: トウミヤ | 2006.10.13 at 12:44 PM

トウミヤさんも最近、小さめの口琴を作られたようですね。私は枠を曲げる時、ガスコンロであぶっています。ガスコンロ程度の火力でも、曲げる部分が赤くなれば段違いに楽に曲げられます。万力にφ12~φ16mm程度の円柱状の型を固定して、赤くなった部分を2本のペンチで挟み、ぐるりと回します。室温で曲げると、内部応力が溜まったままになるように思います。曲げた後でもガスコンロであぶると(てんぷら油で揚げるという荒業もあるらしい)、落ち着くのでは。

Posted by: りうじ | 2006.10.13 at 11:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ハッピーゴマちゃん | Main | 3次元流体解析 »