« 口琴作ります | Main | 口琴作ります(3) »

2004.02.29

口琴作ります(2)

pix/K03
前回に続き、口琴作り。前回の補足から
(3)’ 削った部分の仕上げは800番程度の紙やすりで仕上げると後の作業が楽になります。
この口琴は最後にできるだけピカピカにするため、この段階から磨きます。黒錆仕上げならば、そこまで磨く必要は無いかもしれません。
(4)削りだした四角のエッジのうち、弁の両脇となる部分(口琴の命)を選びます。両端がバランスよく鋭い稜を選びます。次に、写真上部のように\__/のカタチに曲げます。この場合、曲げる点は端から全長の1/4程度の点です。先に選んだエッジは、ここ→\__/←ここです。
(5)握る部分の曲げです。中心の長い部分を写真下のようにします。ここでは、中心部分をガスコンロで赤くなるまであぶり、四角い断面の棒を握りやすく加工した特製ペンチ2本と万力に固定したφ12~16mmの円柱状のモノ(金属棒やボルト)を使い、円形状に変形させます。ガスコンロの火でもなんとか変形しやすくなる温度まで熱することは可能です。火にあぶったので曲げた後には表面全体が酸化しています。

これで口琴のカタチは出来上がりました。実際の作業風景の写真がないので、イメージしにくいですね。各工程後の素材の写真だけですが、作業風景は想像してください。

|

« 口琴作ります | Main | 口琴作ります(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 口琴作ります | Main | 口琴作ります(3) »