Main | February 2004 »

January 2004

2004.01.31

びみょうなもの(2)

pix/08
これもびみょうかなぁ。最近、近所のスーパーで売っていたものを妻が発見しました。ペット給餌器とおなじで二つのタイプの口琴に見えなくも無い。(見えないか(笑))。

| | Comments (0)

2004.01.24

あそんでみて

pix/07
実は2000年に作っていたのですが、当時(今もですけど)ネスケ派だった私は、ネスケで音が出るように作るとIEでは鳴らず、IEで鳴るように作るとネスケでは鳴らず、Macintoshでは全く鳴らず、ほとんど公開していませんでした。
IE用はこちら。ネットスケープ(v7.1で確認)用はこちら。ネットスケープ用はJavaアプレットを呼び出しています。MacintoshでもネスケV7以降なら鳴るようです。音質は前者が良いかな。wavです。後者はau。音の出方が違うから、両方見れる人は違いも楽しんでください。

| | Comments (1)

ボーダフォン向け

最近のケータイには「びよーん」とかいう名前がついて口琴のような音が入っているそうです。うちのケータイは残念ながら入っていません。そんなわけでキシュヘンした2年半前に自分用にサンプリング口琴音からmmfファイルを作りました。j-phone、ボーダフォンのかたは下のテキストを自分のケータイに送って、アクセスしてください。mmfファイルをダウンロードできます。
http://www.ne.jp/asahi/cool/fool/j/smaf.html
アクセスするとおまけもあります。

| | Comments (0)

2004.01.22

びみょうなもの

pix/06
2001年10月、東中野でアントン・ブリューヒンの口琴映画「trumpi」が上映されたとき、二週間にわたり毎日口琴イベントが開催されました。近所に住んでいたなら毎日行きたい内容。なんとか行くことが出来た数日間。写真は10月25日の帰路、JR東中野駅のホームを撮影したもの。口琴に似てなくもない、かな。trumpiのイベント帰りだから、何でも口琴に見えてしまう。ということで許しましょう。

| | Comments (0)

2004.01.17

びよよんホテル

pix/05
渋谷駅の近く、青山方面にあるとあるホテルのマーク。写真はそこへ泊まったときの浴衣。お金払ってでも手に入れるべきだったかな。ホテルは入り口にも大きなマークがありました。ホテルのwebサイトにも、マークがあります。

| | Comments (0)

2004.01.15

ラジオから聞こえるコウキン

テレビ見るよりもFMラジオをよく聞きます。2年ぐらい前だったか記憶は定かではありませんが、FMのニュースからよく「コウキン」が聞こえました。例えば「コウキンの不正な使用で」とか「2000万円のコウキンを横領した」とか。不正な口琴の使用方法とは、どんな方法か。2000万円もする口琴はどんなものだろうとか、ニュースの声、耳から入ってくる「コウキン」という単語にニヤニヤしたものです。最近はどうかとアサヒ・コムで検索するとタイムリーに昨日「コウキン」に関するニュースがあったようです。1月になってからでも6件もあります。コウキンは不正に使われることが多いようで。

| | Comments (0)

2004.01.14

目で見るびよ~ん

fig/biyo_fft0
少し趣向を変えて。普段、PCのビープ音や携帯の着信に使っているサンプリング口琴音を画像にしました。周波数成分の画像へ変換するためのフーリエ変換にはフリーソフト声門を使いました。基音と倍音成分のビブラートがわかります。解析を進めて、数式で口琴のような音を作ってみましょうか?

| | Comments (0)

2004.01.13

はじめてのトラックバック

いちばん初めの発言にコメントを着けてくれたtamonさんが、彼のブログの中でここへリンクを張ってくれていました。そんなわけではじめてのトラックバック。イベント「びやぼんの夜」の案内へのリンクが貼られているところへトラックバックしました。tamonさんの文章は面白く拝読しております。そのうちリンクさせていただきます。どうも。

| | Comments (0)

2004.01.12

モンジャ ガトーフツェフ

pix/04
サハ共和国のインノケンティ ガトーフツェフ作(と聞いています)のホムス2点です。ガトーフツェフの作品はサハの伝統的な作り方ではなく、板から削りだして作るのだそうです。この作品は多くの加工が施されてなく、またデザインも複雑ではありませんが、「ガトーフツェフのすべて」という作品集には、鶴から宇宙人?まで、まさに芸術的デザインをたくさん見ることができます。

| | Comments (0)

これは外せないのかな

pix/03
口琴を知らない人に口琴のカタチをイメージしてもらうときに、もっとも簡単な引用が栓抜きになるだろうか。でも、最近は栓抜きにもいろいろなバリエーションがありますよね。実は先日、“口琴のような”栓抜きを使って口琴を作ることを思いつき、近所のスーパーや100円ショップを捜し歩きました。でも、ないのですよ、口琴のような栓抜きが。写真は我が家の大型栓抜き「ゴールドラビット」全長20cm。

| | Comments (2)

2004.01.08

まずは

02.jpg
まずは、かたち。このようなカタチをみると、反応してしまいます。こういうのを着けている子を見たことはありません。浴衣を着たときに着けるのかな。購入したのも夏でした。本物の口琴が頭についてるところを想像するとムフフです。サハ風のものとトゥバ風のもの。口琴がカラフルだっていいぢゃないか、って。

・・・前回の写真、便器に見えてしかたないです。

| | Comments (0)

2004.01.07

口琴のようなもの

fig/biyo_fft0
街で見かけた口琴のようなもの、それから自作口琴など思いついたときにアップしていきます。
写真は最近気に入っている自作口琴です。これは口琴のようなものではなく、口琴です。

| | Comments (0)

Main | February 2004 »